石橋版画工房/ラール・ヴェリテ リトグラフ研究所東京都国立市にあるリトグラフ版画工房のニュースです

| ENTRY | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE |
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - | posted by スポンサードリンク
リトグラフってなに?! 10:21
                リトグラフってなに?!



                     複数と複製


(オリジナルリトグラフ) 

 リトグラフというメチエに興味を持った作者が版に直接描画(オリジナル画)し、作者又は刷り師により複数刷られた物。現在日本でアーティストを尊重しながらのコラボレーションでオリジナルリトグラフのみに専念している工房は、「イタヅ・リトグラフィック」と「木村希八工房」のわずか2軒だけといえよう。当研究所もまた、オリジナルリトグラフの魅力を探求している。


(エスタンプ) 
     
 日本画、水彩画などの原画から版画工房のスタッフにより色分解、版作りした複製物を複数刷り上げた物。リトグラフ、オリジナルリトグラフと銘打って、本来のオリジナルリトグラフより高額で売られている。


(エディション)      

 見本となる良好な刷り(B.A.T.)と同一に刷られたものが一定数揃った物を指す。刷り状態が濃すぎ、薄すぎ、ベタのカスレ、ローラーマーク、汚れ、その他トラブルのあるものは弾き出された後、通し番号が記される。(例: 20部の場合   1/20〜20/20 )


(オフセットリトグラフ) 

 校正機等で刷った物。インクを版上に盛った後、イメージは一度ドラムに転写され、さらに紙に印刷される。刷り上りイメージは左右逆にならず、版上で「正」という文字は「正」と刷られる。日本では曖昧にリトグラフと記されているが、米国では正確にオフセットリトグラフと記されている。


(写真製版)       

 日本では刷られた物に網点が掛かると、写真製版としてリトグラフとしては認めない様だ。一方、マイラーテクニック(透明フィルム上に描画した後PS版に焼き付ける)、つまり写真製版は、リトグラフという名称で流通している。エスタンプによく使われる方法である。


(その他)
木版リト・水無しリト
                

 リトグラフをまともに刷れない、教える事の出来ない人が導入したと思われる。それでも、リトグラフという技法名に魅惑を感じるらしく、リトグラフ本来の魅力、ロジックも分からずして、木版リト(モノプリント)、水無しリト=ウォーターレスリト(オフセット用版)など目新しい技法名だけを前面に出しているが、絵の内容は当然薄くなるであろう。

| リトグラフとは | - | - | posted by 石橋版画工房/ラール・ヴェリテ リトグラフ研究所
| 1/1 |